天命姓名開運法【開運開名】

 

これまでも幾度もご依頼は受けておりましたが、

裏メニューであった「天命姓名開運法・開運開名」をメニューに加えることにいたしました!

 

長年研究してきたこと

これまでの流れ・想いなどを以下に書き綴っております。

 


▣名前とは

 

 

生まれたときに、一番最初にプレゼントしてもらうもの。

 

それは、名前です。

 

そして、その名前は、一生の間、また、死んだあとまでも付きまとうもの。

 

ですから、名前に人一倍愛着があったり、はたまた反対に名前が嫌いで呼ばれるのも嫌う人もいます。

 

しかしながら、私たちはこの世に生まれ落ちた時、

親もしくはそこに近い親族から、名前というプレゼントをいただくのです。

 

 

名は人を表しています。

 

名は体を表すといいますが、名前の周波数から、その人の雰囲気や性格などもわかるんですよね。

 

わたしには同じ名前の友人が何人かいますが、

 

『○○ちゃん』って呼ばれている人は大概気が強くて、利発な子が多いイメージがあったり、

『□▲▽さん』は、繊細で、可愛らしい雰囲気を持っている人だったりします。

 

生年月日や星座とはまた違う観点ですが、実は、その人が一生付きまとう特徴などもそこに見え隠れしているのです。

 

 

名前によって性格が現れてきたり、姓名判断によって自分の強みを知ることもできるのです。

 

ですから、名前を付けるということは、とてもエネルギーを要しますし、姓名判断にはその人らしさやいろんな分野での対処方法などもわかるということなんですね。

 

 

 

私は、自分の名前が大好きです。

 

「きよの」という名前。

 

この名前の印象といえば、古風な名前。おとなしい??

 

そんなふうに感じられるかもしれませんが、この名前の由来は、父方の祖父がつけたと母から聞きました。母は「じーちゃんの昔好きやった人の名前かな~」といっていますが(笑)

 

他にはあまりないこの名前。

私は、響きが好きなんですよね。

 

_______________________________________ 

 

▣開運開名に至った理由

 

そんな私が改名(開運開名)に至った理由があります。

 

今からちょうど10年前。

 

当時すでにヒューマンデザインのリーディング等をはじめておりましたが、目指したいところがあり、仕事に向き合う姿勢と格闘していた時

 

信頼できる方から「ビジネスネームを付けたらいいよー」と、教えていただきました。

 

鑑定していただいて、付けて上げることもできる!とのことでしたが、学ぶことが好きな私は、どうせお金を使うなら、自分でいろいろ研究をしてみたい!とも思ったのと、

 

名前は、ずっと使うものなので、呼ばれなれない名前より、好きな名前で呼ばれたり、付けたかったというのがあります。

 

 _______________________________________ 

 

▣自分で付けた名前

 

 

理論や注意点。

そして、名づける際のもろもろを座学で学び、実際は持ち帰って”あーでもない、こうでもない”といって

いろいろと模索いたしました。

 

名づけのポイントは、先ほど言ったように

 

呼ばれて嫌な感じがしないこと!

 

が大前提であり

 

あと、言葉として自然なもの!

 

また、意図がちゃんとあるもの! を中心に考え、

 

旧姓にしたり、

生まれたときの名前にしたり

 

ひらがな・カタカナ

 

などあらゆるパターンを考えましたが、

なかなかしっくりこず。。。

 

 

やっぱりどこか、大改革をしなくてはいけないのかと思いながら、ふとした拍子に、なぜ自分が改名をしようかと思ったのかを思い出し、

 

当時すでに、ブログのハンドルネームであった「nalu」は、どうなんだろうと、いろいろと組み合わせてみました。

  

 

「nalu」は、ハワイ語で「波」を表します。

 

私はかつてその数年前までロミロミを習っていたときに、その先生からハワイアンネームを付けるように言われて付けたものだったのです。

 

波は、押し寄せたり引き寄せるという反応という点からも、

人々の「感情」や「仙骨」の波をキャッチしたいという思いで付けたというのもあり、

ビジネスネームにはこの「nalu(なる)」を入れようと決めたんです。

 

なる○○

とか

なる▲▽

とか、いろいろと考えましたが

 

なる

 

って、日本語としても

「為せば成る」

 

 

というような自己肯定感の強い言葉でもありますから、最終的に、余計なものは付けずダイレクトに使い、あとは漢字の字画を調べて当てはめていくスタイルを取りました。

 

そして、

「那流 季与乃(なる きよの)」が誕生したのです。

 

 _______________________________________ 

 

▣デビュー

 

 

「那流 季与乃」

 

✿意味✿

人々の反応を引き起こしたり、それらを一緒に味わったりしながら、季節折々でたくさんのことを与えたり受け取ったりできるように!

 

という気持ちで付けました。

 

あとは、

自分になる!

何とかなる!

 

なると信じて、自分の想いに忠実に生きる!!

 

ということも、肝に命じてつけさせていただきました。

 

今、画数だけで見ると、もしかするとまだほかにあったのかな?っとも思いますが

 

「那流 季与乃」は、字と韻のバランスが良いので、元々本名が全然よくありませんでしたから(これも改名の一つの理由)、全体を通していい感じに仕上がっているかと思います。

 

10年たてば、「那流 季与乃」が普通になってきていますし、本名を知らない人の方が最近では増えてきているのではないかとさえ思います。

 

 

そして、「那流 季与乃」の名を使い始める日をトランプのチャレンジの日に設定いたしました。

トランプについてはこちらまで

 

この日は、わたしにとって「光の方向性」ということで、こうなっていったらいいなぁ~を体現できる日を改めて選んでおります。

 

もちろん企業であれば、ビジネスがうまくいく日や

大成功を呼び寄せる日(気運のいい日)を選ぶ!っていうのもありますが

 

当サロンからのご提案としては

お誕生日カードからみたチャレンジの日を選ぶのをおすすめしております。

 

_______________________________________ 

 

▣改名ではなく開名

 

 

当サロンでの改名は、開名と書きます。

 

名前には親の想いが隠されています。

 

ですから、それらを否定するのではなく、新たに意図や意志をもって自分の人生を開運していくために自らの力で人生を開いていくために改名をし、積極的に使うことがとても大切なのです。

 

姓名は生命であり、名前には文字通り生命が宿っており、気(波動)を発しているのです。

 

私が行っているこちらの天命姓名開運法の格数は、字源体を使っていますので、学校で習う画数ではありません。

 

ですから、一般的にインターネットで調べても画数が違っていたりします。

 

一画違えば、吉凶全然変わってくることもあるので、ネットの情報とは違うのでご注意ください。

 

 

また、当サロンは、

五格(天格、人格、地格、外格、総格)に加え

四運(家庭運、社会運、内角A、内角B) 

そして、裏格数まで調べます。

 

 

あとはどこを重点にしているか!も大切ですよね?

 

ビジネスで成功したいのか

それとも家庭運をよくしたいのか!では、重要視するポイントは違ってきます。

 

いずれにしても、この天命姓名学(開運開名法)は、開運の方法の一つとして、新しい(つけた)名前を積極的に使い、行動していくことで、効果はさらに上がってくるのです。

 

 

  _______________________________________ 

 

 

天命姓名開運法・開運開名鑑定

 

鑑定にあたり、どのような流れでおこなっていくかご案内させていただきます。

 

改名に至る理由を聞いたり、

好きなもの、憧れ的なもの、

ライフスタイルやビジネススタイルに合わせて、ゴールを設定していきます。

 

最終的に候補を2つほど絞り、最後はフーチを使って一霊四魂にお尋ねいたします。

 

鑑定に要する期間(日数)は2週間~1か月ぐらいを目安です。

 

 

鑑定の流れ

最初の面談・・・ 30分~1時間

鑑定期間・・・・ 2週間~1か月

最終決定時・・・ 30分~1時間

 

 

開名開運_台紙
開名開運_台紙

  

▣鑑定料金

 

 

◆個 人◆

1件、通常

45,000円(税抜)のところ

 

  オープン記念・期間限定

     20,000円(税抜)

 

 

 

◆法人・会社名◆

1件、通常

100,000円(税抜)のところ

 

  オープン記念・期間限定

     50,000円(税抜)

 

 

 

お渡しする資料

・鑑定書1~3

・総合鑑定文

・命名台紙

 

 

※同時に、産土神社・鎮守神社リサーチをすることをおすすめいたします!

 

 

 

お気軽にお問合せ下さい!